納得!?車検のデメリットは?

金が大幅にかかると思っている車検、それは間違いです

車検でかかる費用が高いと感じている方はディーラーに頼んでいませんか。
高いと感じた方は頼む相手を間違えている可能性ありです。ディーラーの車検は担当するメーカー車の扱いは強く整備付き点検ですが費用は高めなのです。安く済ませたい方はユーザー車検という手もあります。自分でやるのが不安な方は街の整備工場や車検量販店での車検をお勧めします。
街の整備工場では整備付き点検で多くの車種に対応できてディラーより安いのが特徴です。ただし整備士の腕はピンからキリまであり腕のいい整備士の工場を見つける事が重要となります。
車検量販店はいわゆる車用品を扱っているところでの車検で整備付き車検ながら費用が安い反面、難しい故障などには対応しない点があげられます。このように整備付き車検でも費用を抑える事が可能なのです。

安く抑えるならユーザー車検もあり、しかしそのデメリットは

さて車検で一番安いとされるのはユーザー車検です。自分で陸運局まで行ってやるのですから手間はかかりますが費用は安く済みます。
ただし陸運局は平日しかやっておらず社会人が行こうとすれば確実に休暇が必要になります、都道府県によってはお住まいの地域の端から端まで移動しなければならないなんて事もあり得ます。そしてユーザー車検は故障個所がどこもなければ安く済みますが、反面どこか故障があると直さねばならずその分の費用が掛かります。
陸運局の近くには整備工場が軒を連ねている事が多く、ユーザー車検で引っかかった場合は近くの工場に頼む事になりますがそれを見越したように費用は高めです。別の工場で依頼して直してもいいですがその日の車検は通れず1日無駄にする羽目になります。
社会人は頻繁に有休連発する訳にもいかず、結局は近くの整備工場に頼まざるを得なくなる訳です。
ユーザー車検はディーラーや整備工場とは違い整備は全くの手付かずなので、車検後に故障等で事故に会う確率は高くなります。
信頼をお金で買うか費用を抑えるかはあなたの判断にかかっています。