ためになる!?車検の注意事項は?

車検の費用を抑えるコツとは

毎回かかる車検の費用、高くてお悩みの方はディーラーに依頼していませんか。
ディーラーは点検整備の質は良いですが費用は高めに設定されています。元々高めのところに整備もついているのでどうしても割高になります。
では整備点検有りで安くできるのでしょうか。実はディーラー以外にも車検時に整備点検してくれるところがあります。
それは街の整備工場や車検量販店です。整備工場の質は玉石混交なので腕の良い整備工場を見つける事が必要ですが、ディーラーより安く整備もしてくれます。
車検量販店は車用品を専門に扱っているところで行う車検で整備はしてくれる物の、難しい故障は手付かずな反面費用は安く整備もしてくれます。それ以外のガソリンスタンドやユーザー車検は検査を通すだけの為整備はしてくれません。
整備付きで費用を安く抑えたいなら整備工場や車検量販店の検討も考えるのも手です。ただし複雑な機構(ロータリーエンジン等)を備えた車は断られる場合もあるのでその場合はディーラーに任せた方が良いです。

事前に整備済みだったり知識があるならユーザー車検もあり

ユーザー車検は整備が無い為、事前に整備を受けていたり自身の知識でエンジンオイルやブレーキフルードを交換できる方にお勧めです。
費用が安く済む代わりに書類の手配や記述は全部自分でやる事になるので忘れずに準備します。
当日購入したり記入に必要となる書類もあるので予約時間ギリギリではなく1時間くらい余裕を持って辿り着けるように心がけて下さい
車検の場所となる陸運局は各都道府県によって異なり軽自動車の場合は普通車とは別の場所となります。車検での操作は全部自身で行う為自身が無い方は事前に見学できるコースがあるのでそちらで見学する事をお勧めします。注意点としてホイールキャップは外す事、ヘッドレストは付けておきましょう。特にヘッドレストは付けていないと車検が通りませんので注意して下さい。
車検は失敗しても2回までは無料で受けられるので慌てずに操作する事が大事です。もし異常が見つかったら慌てずに陸運局近くの整備工場で直して貰いましょう、若干割高ですが有休を使って手ぶらで帰る訳にはいかないのできっちり整備して再度車検に臨んで下さい。